QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

No.002 Lamborghini 350GT 43

こんばんわ!
お正月気分も過ぎ去り
すっかり日常な生活にもどっております。

そう言えば昨日(ほんの数時間前ですが)は
「七草」でしたね。。
お粥は食べませんでしたが
皆さん、七草ちゃんと言えるでしょうか?
私は、春のは言えるのですが、秋はさっぱりです。

七草は別名「人日の節句」と言い、端午の節句や七夕の節句とならび
五節句の一つです。

季節の節目

季節が春に近づいた?
それとも
真冬に近づいたのでしょうかね?

今週末も寒くなるみたい
皆様、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。。


それでは今日は
またまた古いランボルギーニから

350GTの紹介です。

350GT 00

モノトーンにしてみました。
とてもキレイなサイドからのライン

350GT 02

前回ご紹介した350GTVをモディファイしたのがこの350GTで
担当したのが「ツーリング」だったそうです

350GT 03

基本的なフォルムはそのままに
ヘッドライトを、リトラクタブルから楕円形のものに変更
また、内装も変更され
この350GTでは2シート+1の3人乗りとなっていたそうです

350GT 04

1964年のジュネーブショーで
デビューを果たしたそうです

350GT 05

よくわかりませんが
文献によるとボディーは
「スーパーレジェッラ工法」なるもので作られているようです
何か聞いたことのある響きですね・・・

350GT 07

350GT 06


★★★★★★★

Lamborghini 350GT 1964
V12 DOHC 3464cc
240HP/6500r.p.m
33.0kg-m/4000r.p.m
1050kg

☆☆☆☆☆☆☆

byPMA
scale:1/43
color:Rosso Siviglia

スポンサーサイト
2011-01-08(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント

真っ赤な ランボ!

ロマンチック なんですよねぇ…
350GT 後姿が いい。
モノトーンの絵も 素敵です。

創業者の フェルッチョさんは
ロマンチックなツーリングカー が 好きだったんですよね…。
夢の世界へ 飛んでゆきたいナ
2011-01-09 00:00 | AZ | URL   [ 編集 ]

AZさま

ロマンチックで
エキゾチックな車

現在のランボとはやや異なるのでしょうね

只今自分らしい写真
模索中で~す!!
2011-01-09 12:30 | すぶた | URL   [ 編集 ]

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。